ミニマリズムを次のレベルへ

近藤真理恵の2011年の日本の芸術についての聖書のリリース以来、先進国の多くはやや片付けに固執してきました。

近藤の”片付けの人生を変える魔法”は、過去六年ほどにわたって影響力があり、彼女の名前のportmanteauが動詞として一般的に使用されており、一般の人々は”私は私のこまりing(ここに無関係の項目を挿入する)”のようなことを言っている。”

佐々木文雄の”さよなら、もの”(邦題: 2015年に発売された”ぼくたちもものわひつようない”は、アメリカでベストセラーとなった。

両方のリリースは、2010年に山下英子がyogaにルーツを持つ日本語のフレーズであるdanshariほど人気がなくても、ミニマリズムの福音を海外に広めるのに役立っている。

この概念は、多くの消費者があまりにも多くのものを持っていることを認識させたからといって、ほとんど独自の人生を取っています。

近藤はこの難問を解決しようと、消費者に”喜びを刺激するものだけを保管するように助言することによって、この難問を解決しようとします。”

山下は、mottainaiマインドセットを採用する危険性を警告し、それが簡単に買いだめと手に負えない混乱につながる可能性があると主張しています。

佐々木は、一方で、彼はあまりにも多くのCd、本、カメラ、服や都市の単一のライフスタイルの他の装飾を所有しているからわずか三つのシャツと所有物の一握りを所有するためにダウンサイズの方法に本当の洞察力を提供します。

“私たちが一人で住んでいても、他の人と一緒に住んでいても、別のルームメイトの存在を認める人はほとんどいません”と佐々木は書いています。 “このルームメイトは”もの”という名前で、”もの”が占めるスペースは、通常、人々が自分自身のために持っているスペースよりもはるかに大きいです。”

つまり、佐々木は書いている、私たちのほとんどは無生物のフリーローダーに代わって家賃と住宅ローンを払っています。

確かに、日本の家—頻繁に慎重にキュレーションされたアイテムとコンパクトで魅力的なスペースに格納された質素な清潔さの縮図として宣伝—すべての種類のもののための巨大な収納クローゼットになっています。

佐々木は、多くの消費者が地上の所有物の付属物になっており、全能の”もの”の存在に対応するために、最終的に問題を解決しないストレージ-ソリューションの成長セットに購入することになると指摘している。

日本の物質獲得への執着は比較的新しい現象であり、1950年代に消費主義が新しい生き方として広く受け入れられて始まった。

過去70年間、多くの人が古いものを捨てることを拒否してきました。 私の祖母は、1940年代初頭に東京の下町の六畳の部屋で結婚生活を始め、2002年に亡くなった頃には、100平方メートルの郊外の家に住んでいました。

古い世代の日本人は、多くの場合、彼らの死の際に財産をきれいにしなければならない家族の欲求不満に、自分の持ち物を皮を剥ぐのに苦労して あるいは、作家の山口聖子さんの場合は、義理の実家で暮らすように頼まれています。 山口の著書”ミニマリスと親の家を片付ける”は、彼女が夜明けから夕暮れまで義理の家を掃除し、何時間も膝の上にうずくまって二週間を過ごしたことを明らかにしている。 これは、”私たちが眠る場所がなかったので、彼女自身、彼女の夫と二人の子供のためのいくつかの生活空間を確保することでした。”

多くの人々は、これらの日は、ミニマリズムを受け入れるために喜んで表示されますが、いくつかは、哲学としてそれを適切に理解するためにdecluttering段階を超え

佐々木は、この哲学を自分の人生の生き方に従おうとしています。 彼は単に所有物を取り除くことを過ぎて移動したと言います。 東京から京都に移住した彼は、今、自分の野菜を栽培し、電気トラックの後ろにキャンピングカーを構築することを学んでいます。

“私の次のレベルのミニマリズムは、できるだけ自給自足になることです”と佐々木は言います。 “私は私のためにそれらを供給するために誰かを支払うのではなく、自分の生活空間を作成し、自分の食べ物を成長させたいです。

“ミニマリズムが本当に何であるかを私に尋ねるなら、私はそれが価値の変化だと言うでしょう—ミニマリズムの小さな扉に入り、大きなアイデアで反対側に出てくる。”

日本のミニマリストは、単にアイテムを捨てることから卒業し、自分の大きなアイデアを育てることができるようになれば幸いです。

深澤の”普通の”デザインに光を当てる展覧会

深澤直人は、日本のデザインにおいて特別な場所を占めています。 私たちの時代の最も有名なプロダクトデザイナーの一人である深澤は、ジャスパー-モリソンが彼の作品を記述するために造語した”超常的”なアイテムを作 深澤はインタビューで、彼のデザインがどのようにfutsú(普通)であるかを人々が彼に伝えるとき、彼は最も幸せであると述べています。

“自分を表現し、自分のアイデアを伝えるためにあまりにも努力するたびに、それはすべて不自由になります”と彼はかつてNHKのインタビューで語った。 深澤は、製品のデザインは周囲に影響を与えませんが、製品の本来の気分に影響を与えると考えています。 そして、深沢の製品の気分は、常に正常に設定されています—彼は芸術形式に磨いてきた状態。

パナソニック汐留美術館で深澤の作品”アンビエント”の展覧会が開催されています。

ファンは、20年前に無印良品が初めて販売したコンパクトな壁掛けCDプレーヤーなど、弦を引っ張ると動作するデザインを認識します。 また、2003年にAUが販売した最初の携帯電話のデザインである”infobar”もあり、これは間違いなく短時間後にスマートフォンの到着を予告しました。 それから控えめな”deja vuの腰掛けが、”最初に2004年にミラノの家具市で表示されてある。 どうやら、スツールは展示中に休んでいるときに訪問者がそれらの上に座るために使用されるように控えめな外観でした。 残念ながら、ファンのために、そのような行動は”アンビエントで禁止されています。”

“アンビエント”は、パナソニック汐留博物館に展示されている。 1.

誤った情報とあまりにも多くの情報の両方の時代には、質の高いジャーナリズムがこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく得るのを助けることができます。

フォトギャラリー(クリックで拡大)

  • 大きな思考:著者佐々木文雄は、ミニマリズムの哲学に従って彼の人生を生きたいと考えています。 /経堂
  • それをすべて捨てる:ベストセラーのミニマリストの著者Marie Kondoは、消費者に

キーワード

近藤麻理恵、佐々木文雄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。