声:ジェイソン*マークスは、フィット訓練を受け、区裁判所の裁判官として機能するように適しています

image_print

ジェイソン-マークスは第4司法区の裁判官として保持されるべきである。 裁判官であることは非常に困難であり、しばしば心を痛めます。 私たちは、彼がすでに裁判官タウンゼントの退職によって残された非常に大きな靴を埋める、ベンチで彼の時間に素晴らしい仕事をしているので、裁判官マークスは、タスクに等しいことを知っています。

裁判官のマークは公正であり、彼はスマートです; かれは慈悲深く,また勤勉であられる。 私たちのような忙しい地区では、それらはすべての人に正義を届けるための重要な要素です。

私は1990年から2020年までモンタナ大学の法律教授を務め、証拠、民事訴訟、救済、家族法などの訴訟関連の科目を教えていました。 私は、臨床学生の監督者として、そして私自身のプロボノの仕事の両方で、地区とモンタナ州のすべての裁判官を知る十分な機会がありました。 私はまた、いくつかの部族の裁判所の裁判官として自分自身を務めてきました。

裁判官になることは、単に法廷で弁護士になることとは全く別の仕事です。 まず第一に、すべての新しい裁判官は、マークス裁判官がすでに行っている専門的な司法訓練に出席しなければなりません。 ベンチに入ると、裁判官は毎年数日間の追加トレーニングに出席する必要があります。

さらに、弁護士は法律のすべての分野の専門的な知識を開発していないので、新しい裁判官は、彼らが練習しなかったそれらの分野についての仕事上 マークス判事はすでに一年以上これをやっています。 要するに、裁判官マークスはすでに上昇している急な学習曲線があります。 ここでのように、裁判官は、彼がベンチで優れた能力と意欲を持っていることを証明したとき、私たちのコミュニティがその時間と労力を捨て、ゼロから始

もちろん、座っている裁判官が傲慢で、恣意的で、または一方的であれば、私は挑戦者を支持するでしょう。 私はこのレースでは、相手(私が知っていると個人的に好きな人)は、ミズーラ郡の弁護士事務所の検察官として裁判官マークスの以前の雇用が刑事被告に対

私自身の法廷での個人的な経験は、正反対のことが真実であることを示しました。 昨年の冬、マークス判事が刑事事件で朝の公聴会を行っているのを見る機会がありました。 私は驚き、裁判官のマークがそれぞれのケースに費やした時間の量、そして彼がそれぞれの囚人を扱った優しさに完全に感銘を受けました。

マークス判事は、単に一連の事件を処理するのではなく、各被告との口語を実施した。 少なくともその日の朝、検察側の弁護士からの聴取の後、裁判官は、起訴の特定の要素が彼の前の証拠と矛盾していることを観察し、その結果、それらの起訴の解雇をもたらした。 マークス判事が刑事法を内外に知っていたことは明らかでしたが、これは彼が(彼の挑戦者のように)検察に入る前に公選弁護人であったため、システムの両

確かに、私の観察は、裁判官が彼の元同僚を法律の手紙に拘束することに躊躇していないことを確認しました。 (完全な開示のために、私の娘は検察庁にいます。 彼女は同じ経験を報告します。)

私はすでに献身的な公務員であるジェイソン-マークスに投票しています。

シンシア-フォード(引退)法学教授

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。