joyent/javascriptlint

概要

これはMatthias MillerのJavaScript Lintのフォークです。 オリジナルについては、以下を参照してくださ:

http://javascriptlint.com/

このツールには、JavaScript linttoolsでは珍しい二つの重要な機能があります:

  • それは糸くずとスタイルを融合させません。 スタイルは、任意のcodeformattingルール(先頭の空白ルールなど)を参照します。 Lintは、potentialprogramの正しさの問題(スイッチ内の”break”ステートメントが欠落しているなど)を指します。JavaScriptセミコロンスタイルの場合のように、行は確かにあいまいですが、それが理由です:

  • それは設定可能です。 個々の警告はオンまたはオフにすることができ、警告は個々のコード行に対して上書きすることができます。 これは、潜在的に危険な行動が意図的に慎重に使用されている場合に不可欠です。

スタイルチェッカーが必要な場合は、http://github.com/davepacheco/jsstyleを参照してください。

概要

# make install...# build/install/jslusage: jsl options: -h, --help show this help message and exit --conf=CONF set the conf file --profile turn on hotshot profiling --recurse recursively search directories on the command line --enable-wildcards resolve wildcards in the command line --dump dump this script --unittest run the python unittests --quiet minimal output --verbose verbose output --nologo suppress version information --nofilelisting suppress file names --nosummary suppress lint summary --help:conf display the default configuration file

特定の警告を有効または無効にしたり、グローバルオブジェクト(“window”など)を定義したりするために、jslの設定ファイルを定義できます。 –Helpを参照してください:confoptionです。

サポートされているプラットフォーム

JSLのこのブランチは以下でテストされています:

  • SmartOS(イルモスベース)、32ビットと64ビットの両方。
  • Mac OS X Snow Leopard、Lion、およびMountain Lion。
  • Debian Squeeze(6.0.5).

これらはすべてPython2.6以降を使用しています。

History

このバージョンはrevision302(2011-04-06)のSubversionリポジトリからフォークされました。私は喜んで上流から新しいパッチを組み込むことを見ていきますが、theprojectはここ数ヶ月のためにかなり静かでした。

このフォークの主な目的は、illumosベースのシステム上の構築を修正することです。複雑なspidermonkeyビルドシステムをillumosで動作させるのではなく、不要な部分とMakefileの束を取り除き、新しいセットのmakefileを書きました。 結果は現在、Mac OS XとLinux上にも構築されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。